2023.09.28コラム
蓄電池の単機能・ハイブリッドの違い~ハイブリット 編~

蓄電池の単機能・ハイブリッドの違い~ハイブリット 編~の投稿画像01

昨今の蓄電池は技術の進歩により、充放電性能や制御機能に優れた蓄電池が開発されており小型化や軽量化も進んでいます。前回お話した「次世代のエネルギー」と称されているだけに、災害時の緊急用電源としても期待されていることから、今 最も注目を集めている製品だと言えるでしょう。

今回は、「ハイブリット型蓄電池」についてご紹介します。

 

ハイブリット型蓄電池とは、太陽光発電用と蓄電池用のパワーコンディショナを1台で兼用する蓄電池システムの事です。

【メリット】

・太陽光で発電した電気を直流のまま蓄電できるので、家庭で使用するまで1回の変換で済み、電力ロスが少ない

・停電時でもパワコンは普通に動くので、発電した電気を無駄にすることなく通常通りの出力で使用できる。


1回の変換でロスも少ないのは凄く魅力的ですよね!
通常通りの出力が望めるのも家庭の電気使用を考えると最大級のメリットだと思われます。

蓄電池の単機能・ハイブリッドの違い~ハイブリット 編~の投稿画像03

【デメリット】

価格が割高である。

既存のパワコンを交換しなければならない。

・既存の太陽光電池の種類によっては、接続できないことがある。


兼用なだけに価格が上がるところは否めないところになりますね・・・。
また、既存で入れているご家庭があれば、ハイブリット用への切り替えも必須となると、家庭にとってはかなりの痛手になりそうです。

 

前回・今回と引き続き、蓄電池の単機能型・ハイブリット型についてご紹介いたしました。

各家庭の判断材料として参考になりましたでしょうか?
ご家庭の懸念点や希望を照らし合わせながら、ぜひ導入までのお手伝いが出来れば幸いです。

 

もし、お困りごとや気になる点等ございましたら、当社までご相談ください!!

お問い合わせはコチラ!